FC2ブログ
アクセスランキング

同じ職場で働く、結婚退職の決まった23歳の女性は処女だった

数年前になりますが、同じ職場で働く23歳の薫子さんと言う女性が丁度一ヶ月後に結婚する為に会社を退社するとの事。

それまでにも、ほとんど毎日、「今日のブラはワイヤー入りだよ」とか「今日はメッシュ」とか私に懐いてきていて、時々は触らしてもくれていた。
けっこう大きく、それが自慢の一つだったみたいです。

偶然、帰りの時間が同じになり、家まで送って行く事になり、彼女が先に出て、駐車場の私の車の前で待っていました。

「お待たせェ~」
と車に降りこむと直ぐに発車です。
彼女の家は車で30分位の所ですが、なんだか直ぐには帰りたくない様子。

「どこか、ドライブでもして行く?」
と声を掛けて見ると、気のせいか嬉しそうに
「ウン」
と頷いて私を見つめている。

「そうだー、この前話していた、カーセックスを覗きに行こうよ」
と海岸線の埋め立ての方に車を走らせ、着いたんですが、車は一台も無くて覗きどころの話しじゃ無く、只真っ暗なだけ。
でも 対岸のキラキラと小さく光る、色取り取りのネオンサインが綺麗。

普段は馬鹿な話しを延々としているんですが、一瞬、話しが途切れ、
「薫子さん」
と呼んで見ると、綺麗な明かりに見入っていた薫子さんが無言のまま、私に抱き着いてきた。

続きを読む・・・

職場・取引先など | 【2017-07-23(Sun) 23:10:52】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

バイトで塾講師やってた時にエロ体験談

あれは遠い日の90年代前半のこと。当時俺はバリバリDQNな二十歳の大学二年生。
バイトで塾講師をやっていて、俺を含めた非常勤講師は男ばかり30名ほど。
専任講師がやはり男5名、そして崖に咲いた一輪の花という事務の女性が一名。

この女性をA子さんとしよう。まあ一輪の花とはいっても飛びっきりの美女ではない。
あみん時代の岡村孝子がちょっとアカ抜けたような、今思えば平均的な女性だ。

しかし専任講師、非常勤講師を問わずライバルは多い上に、なんせガードが硬い。
しかも年齢は25歳と、俺ら貧乏学生なんぞA子さんにしてみればガキ同然だったろう。

ドライブや飲みや食事に誘っても、悉く玉砕した!という先輩の数々の体験談もあり、俺からしてみれば彼女との年齢差とか、「尊敬する先輩を差し置いて…」とか、いろんなことを考慮して、遠巻きに一方的に憧れるだけの日々が続いた。

俺は酒の場では基本的に陽で、とにかくバカ騒ぎして場を盛り上げることが多いのだが、ある日の男だけの飲み会ではなぜか陰のスイッチが入り、A子さんに憧れている先輩や専任講師数名のグループとグチっていた。

で、そのとき俺はギャートルズみたいに口語が3Dで飛び出るような大声で、
「A子さんを世界一愛してまーーーーーーす!!先輩には負けませーーーーん!!」←←←←←←←←(※)
みたいなことを叫んでしまい、これがその場の全員に聞こえてしまった。

続きを読む・・・

職場・取引先など | 【2017-07-22(Sat) 21:10:07】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

オルガスターで痙攣してイキまくった後輩 2【エロ体験談】

イクと同時に、私もKも寝てしまったようだ。

4時ごろKが目を覚ました気配で俺も起きる。
「あぁ、起きた?」

「状況が全然わからないんですけど・・・私・・・」
どうも記憶が整理できないらしい。
ここでひとつ賭けに出た。

「Kちゃん昨日は大変だったんだよ。完全に酔っ払って帰らないとかいうからホテル入っちゃった。
そしたらKちゃん酔っ払ってそこの自販機で面白そうとか言っていきなり買っちゃって」
自販機を指差す。

ひとつだけ販売済みのボックスがあるのだが、それは私がローションを買ったためである。
しかしKは恥ずかしくて直視できず、それに気づかない。

「それで・・・どうしたんですか?」

「Kちゃんがかわいいから、それに便乗しちゃった。大丈夫。絶対秘密にしてあげるから」

「ありがとうございます・・・」背中を指先でなぞると、体を震わせる。
全身性感帯なのかもしれない。

続きを読む・・・

職場・取引先など | 【2017-07-21(Fri) 22:10:33】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

オルガスターで痙攣してイキまくった後輩 1【エロ体験談】

以前から焼肉に連れて行く約束をしていたので、後輩のKを連れて行った。
Kは、芸能人でいうと『益若つばさ』ちゃんを大人っぽくした感じで、胸もCカップくらいある。

俺は前々から計画していたとおり、お店に入ってマッコリを頼んだのだが、Kが席をはずした間に相手の容器に向精神剤と導眠剤を粉末にしたものを混ぜておいた。
マッコリはもともとざらっとしているうえに白濁しているので、多少溶け残っても判らない。

しばらく飲食を続けると、「なんか酔ってきちゃいましたよ~」を連発。
向精神剤のせいか、妙にテンションも高い。
呑むピッチも上がる。

そこで錠剤を取り出し、おもむろに飲む。
「なんですか~~?」と聞いてきたので、二日酔い防止の薬だと答えた。
現にソレは二日酔いを防ぐ効果があると言われるシステイン。

「私にもくださいよ~」というので、しぶしぶ渡す。
実はコレは導眠剤。
効果はてきめんで、20分もしないうちに、Kは完全に熟睡したようだ。
肩をゆすっても起きない。胸元に手を伸ばして弄んでも起きる気配はない。

続きを読む・・・

職場・取引先など | 【2017-07-21(Fri) 21:10:08】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

荒々しい夫とは正反対の上司に惹かれて…【人妻体験談】

27歳の人妻です。
上司と2人で飲んでいた時の事。

居酒屋の丸テーブルの座敷席で、最初は斜め向い位に座っていたのが、いつの間にか隣になっていた。
太腿に手を置いて、耳元で「旦那さんと週何回してるの?」と。

「週1位です」
「旦那さん何型?」

「Aです」
「俺も」

今思えば、何故そんな事に正直に答えてしまったんだろう…
彼は仕事も出来て優しく、眼鏡の似合う知的で面倒見の良い人。

少しポチャなお腹がトトロみたいで可愛い。
荒々しい夫とは正反対の彼に惹かれていた。

彼は私を軽く持ち上げ、自分の膝に乗せた。

「可愛いね…もっと早く逢いたかったよ…」
そう言って見つめられ、酔っていた私は彼の唇に軽くキスをした。

続きを読む・・・

職場・取引先など | 【2017-07-19(Wed) 23:10:16】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

マリッジブルーの職場の先輩に好きと言ったら飲んでくれた

同じ会社にいる甲斐智子先輩が婚約中の話です。
智子先輩は仕事は厳しく、でもプライベートでは気さくで男っぽいところもあり、性格もざっくばらんとして好きでした。
いわゆるマリッジブルーに智子先輩はなっていました。

「結婚の準備は大変だし、彼も私もマリッジブルーでお互いよくケンカしてるし、私もすごくストレス溜まってるのよ」

「でも旦那さんラッキーですよね。智子先輩かわいいし、オッパイもお尻も大きそうだし。」

「いやだ。私、そんなに大きくないよ。」

「智子先輩のムッチリパンツスーツ姿はHですよ。」

「あはは、ムッチリ?単にお肉がついてるからだよ。大きいというよりは少しお肉が多いだけ。単におデブ(笑)?」

「全然おデブじゃないですよ。僕、智子先輩のこと・・・ずっと前から好きでした。」

「ありがとう。なんか私うれしい・・・私も佐藤くんの事、前から気になってたんだ。結婚前の私で良ければ・・・佐藤くんならいいよ。」

「智子先輩、結婚するんでしょ・・・婚約してる人に悪いですよ、そんなこと・・・

続きを読む・・・

職場・取引先など | 【2017-07-18(Tue) 12:10:59】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

清楚なお嬢様って感じの事務員は淫乱だった【エロ体験談】

大学を卒業して入社して半年位経った頃、営業部に配属されて、初めて担当を持たされた。

九州の小倉の代理店だった。

その代理店に清楚なお嬢様って感じの事務員が居た。
俺よりも2つ年上だった。

新人の俺は色々と助けてもらった。

スレンダーで本仮屋ユイカに似ていた。


ユイカ(仮名)さんは、セミロングのストレートの黒髪でメガネをかけていた。

そんなユイカさんがいるので出張で訪問するのも楽しみだった。

いつも小倉で宿泊し、翌日、広島、岡山の代理店を訪問する日程が多かった。

小倉では、たまに代理店の人の飲みにも連れて行ってもらった。


ある日、仕事を終え、一度常宿のホテルにテェックイン。

夕食を食べに駅前の繁華街へ行った。

何を食べようか迷っていた時に、ユイカさんにばったりと逢った。

続きを読む・・・

職場・取引先など | 【2017-07-15(Sat) 12:10:55】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

会社の飲み会で見られて興奮しちゃいました【人妻体験談】

37歳の主婦でパートをしています。
先日会社の飲み会がありました。

飲み会で盛り上がってるとき、隣に24歳の社員の子がきてお話しました。
私は楽しくお話して彼も凄く楽しい話をしてましたが、
「若い子のとこで盛り上がっておいでよ」と言うと、「いいえ」と言い、私の横にずっといました。

「まゆみさんみたいな人と一緒になりたい」とか嬉しいことをお世辞でも言われて、私はご機嫌でした。
みんなが盛り上がってる隅のほうにいた私達は、周りからはあんまり見えません。

彼からテーブルの下で手をつながれ、私はドキドキでしたが、私も酔っていたからかギュッと握り返してました。
そのうち私は胸が彼にあたったりしてドキドキしすぎてました。

すると上司が急に彼に
「森山(彼の名前)おとなしいなぁ。ガキだから眠くなったのか?酔ったのか?まゆみさん、少し横にさせてあげてくれるかい?」
といわれ、彼は私の膝枕で横になりました。

少しするとお尻辺りに彼の手が来て、私が「ちょっと当たってるよ」というとニコっと笑いそのまま手をお尻に当てたままいました。

続きを読む・・・

職場・取引先など | 【2017-07-14(Fri) 12:10:39】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

私の職場恋愛はこうして終わりました【体験談】

職場恋愛してた数年前のこと。

臨時職員でA子という地元の大学出たての子が入ってきた。
私と、当時付き合っていた彼氏とは同じ部署だけど違う課にいた。
フロアは同じなんだけど仕事内容は違う、といった感じ。
A子は彼氏の課に入った。


仕事内容はまったく違うながら同じフロアで、給湯室やお昼を食べる休憩室は一緒なのでA子とはそれなりに話すようになった。

そのうち、A子がどうも変な子だということがわかってきた。
2chで言うメンヘラ?ってやつなんだろうか、とにかく虚言癖がすごい。


ミス日本に応募していいとこまでいったことがあるとか、
大富豪の家に生まれたんだけど駆け落ち?してしまったから勘当されて今は貧乏暮し、
水道も止められたとか、B’zのボーカルとつきあったことがあるとか、
子役やってたけど身長が伸びすぎてやめさせられただとか、
ジュディマリのYUKIとおさななじみで毎日パシらせてたとか、
そうかと思えば親がアル中で毎日叩かれるから、こんな所(悪かったな)で働かなければならない、とか・・・。

と、誰が聞いても「嘘!」ってわかるような嘘ばっかりつく。

続きを読む・・・

職場・取引先など | 【2017-07-13(Thu) 00:30:41】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

バイトの大学1年生の処女をもらったが…【SEX体験談】

大学1年生の処女をもらった。

元カノのナオと再びつき合いだして3ヶ月、つき合っているのを相手の親にばれて、また別れることになった。

(スーパーの店員なんかとは結婚させられないと言われた)翌月、大学1年生の理恵(女優の松下奈緒を若く、かわいくした感じ)がバイトに入ってきた。

ちょっと浅黒くて足が長い、とにかくスタイルが良くてかっこいい。

自分の好みがこういうタイプだったと再認識した。

(身長171センチだそうだ)

その時、俺は副店長になっていて、従業員のスケジュール作成をやっていたので、理恵のシフトを俺とすべて同じにした。

(理恵の予定はすべてこちらにお任せになっていた)俺は常に遅番で、ラストで一緒になるアルバイトとよく飯を食べに行きおごっていた。

理恵も何度か連れて行っていた。

俺の休みの前日の火曜日(当然、理恵も明日休み)、理恵と二人で飯を食べに行った。

(いつも一緒に来るバイトは邪魔なのでシフトに入れなかった)俺 「明日・明後日連休で何をしようかな」とつぶやいた。

続きを読む・・・

職場・取引先など | 【2017-07-07(Fri) 22:10:53】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*