FC2ブログ
アクセスランキング

妻のバスガイド時代の話を聞き出して大興奮【エロ体験談】

今年29歳になる妻は、20歳の時にバスガイドとして就職したことがあるそうです。結構、大手だったみたい・・・といっても親戚のコネで年度途中に欠員補充のようなかんじでもぐり込んだみたいですが。

バスガイドは、かなり離職率が高いようで3,4年で大部分辞めてしまうようです。
不規則な時間とか友達と遊べないとか言う理由もあるようですが、職場環境が悪くてと言う理由が一番多いみたいですね。


よく聞く話ですが、ドライバー(しかもベテラン)に、関係を迫られることが多いみたいです。特に可愛い子は狙われて、拒めば嫌がらせを受けるので、みんな受け入れているそうです。


妻も研修後、初めての宿泊業務の時にもう、45歳のドライバーに迫られたそうです。

お客と別の旅館に泊まっていたので、ドライバーと食事をして、その後ゆっくりと温泉に浸かり部屋に戻っていたら部屋に電話が掛かってきて「反省会と明日の打ち合わせ」をするからこっちの部屋に来てくれと言われたそうです。

続きを読む・・・

職場・取引先など | 【2017-01-17(Tue) 23:10:48】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

黒髪ストレートの契約社員にラブホに誘われて【エロ体験談】

何度となく彼女(契約社員)とは、職場のグループで飲みに行ったりしてました。

夏のある日、2次会で行ったカラオケで財布を忘れてしまい、僕がなぜか預かって彼女に返す事に。

次の日、無事職場で財布を返すと「お礼に飲み代を奢る」との事で、次の週行く事に。

それほど美人ではなかったけど、身長が低くて、今どき珍しく黒髪ストレート。

お互い酔いも回ってきたので、帰る事に。
地下のお店から階段を上ってる途中、彼女がよろめいた為、胸をムギューって掴んでしまった。
彼女が顔を上げ、見つめあって、そのままキスしてしまったのです。

彼女もだんだん舌を絡め出したもんだから、今度は堂々と胸を揉み、薄手のシャツのボタンを1つ外し、ブラの間から乳首をコリコリ指で弾いたらいい声で喘ぐんですよ。

そのまま自分の右手は彼女のスカートに。
パンツを少しだけ下ろしたら、これまた黒々とした陰毛とご対面!
ただ面積は小さく、モジャモジャした感じじゃなかったかな。

そのまま手と入れたら、陰毛の“ジョリ”と感覚の後に、“ヌチョっ”という感じで、あっという間に僕の中指は彼女のオマンコに吸い込まれていった。

続きを読む・・・

職場・取引先など | 【2017-01-16(Mon) 20:10:13】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

たまたま付いた姫は、同じ職場の彼氏持ち派遣OL【風俗体験談】

先輩のお供として大都市へ日帰り出張。
仕事も終わり、郊外までの帰りの切符を買おうとすると、先輩が「まだ早いんだから、良いところ連れて行ってやるよ」と。

「はい」と、先輩と一緒に下町の駅で降りた。

先輩と細い路地を抜けていき、小さなビルの前へ。

「先輩、ここって??」
「お前、確か風俗は行ったことないんだろ」

「でも・・」
「おごってやるから付き合えよ。ここは本番厳禁だけど、そのぶんいい子が揃っているんで、よく来ているんだ」

小さなエレベーターに乗り、降りたところの部屋のチャイムを鳴らすと、中からボーイが扉を開けてくれる。
奥からはタバコの匂いと騒々しいユーロビートの音楽が鳴り響いていた。

俺は狭い待合室の片隅に座らされ、先輩はカウンターで何やら店の人と話している。
その間、ボーイが説明書を持ってきて、うやうやしくシステムの説明をしてくれた。

「本番・スカウト・女の子の嫌がる事は禁止・時間は45分etc・・・」

手を消毒させられ、先輩に続いて薄暗い店内へ。
前向きのソファがいくつか並んでいて、衝立のようなもので仕切られている。
先輩とは別々の席に案内された。

続きを読む・・・

職場・取引先など | 【2017-01-16(Mon) 15:10:24】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

キャリア志向の担当女性営業とのエッチ体験談

たしか二年前くらいの話だが当時おれは関東地方の某病院に勤めていた(今もだが)
肩書は外科部長で外科医5人の小所帯のナンバー3。
といっても一番上が副院長(ほとんど手術はしない)、次が診療部長(乳がんしか興味ない)だったので通常診療ではトップだ。
で外来、手術などで忙しい毎日を過ごしていた。


そんなある日テレビのバラエティー番組で病院、医師を貶めるひどいのがあり、2ちゃんの医師板でも話題になった。
偶然、その番組を少し見たがあまりのひどさにムカついてすぐチャンネルを変えた記憶がある。

で、ひどい番組をなくすにはスポンサーにクレームをつけよう!運動が地味に広がったのでおれもとある企業に
「あんなひどい番組のスポンサーをやるとは医療にかかわる企業としていかがなものか?もし納得のいく説明がなければ今後御社の製品は使えない」ってメールをした。


そして翌日。早速その企業から「今確認中なのでもう少し時間を下さい」とのメールが。

そしてその翌日、「たしかにひどい内容でした。お詫びと当社としての今後の対応をお話したいので一度責任者と訪問してもよろしいでしょうか?」と
まあ、訪問は面倒だが本気かどうかもあるし、2ちゃんにさらしたかったwというのもあって受けた。

続きを読む・・・

職場・取引先など | 【2017-01-14(Sat) 15:10:57】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

社員旅行で女の子達と混浴した上に乱交まで出来た【エロ体験談】

去年の社員旅行での話。

社員旅行と言ってもうちの会社は各課毎にそれぞれ時期も場所も別々に行くので、俺達は6人だけで行ったのだが・・・。内訳は男3人(オレ・同僚・上司)+女3人(3人ともオレの部下)。

場所は群馬県の某温泉街。最初から観光などする気などさらさらなく温泉と上手い料理と酒だけが目的だった。出発が遅かったこともあり、直接宿に行ったにも関わらず到着は午後4時すぎ。

夕食にはまだ早いのでとりあえず湯巡りをすることにした。グループの旅館が近所にいくつかあり、それぞれを車で案内してくれる湯巡りは今回の旅の楽しみのひとつだった。

早速浴衣に着替えて温泉へレッツゴー。まず向かったのが創業70年の老舗旅館。濁り湯の露天風呂は風情がありなかなか良かった。ここの露天風呂に入ってまずビックリしたのは男湯と女湯が薄い竹の壁で遮られているだけなのだ。

案の定、男連中は竹の間から女湯を覗こうとするが、オレらは会社では一応ジェントルマンを気取ってるので関心がないように振舞っている。(お互いに気付かれないように横目でちらちら見てはいるが・・・)

隣からは無邪気に「俺さ~ん、帰りの車は何時でしたっけ?」と女子社員らが声をかけてくる。「5時30分じゃなかったっけ?」と返すが情けないことにオレのジュニアは既に半立ち状態。

時間が早いこともあり、この時オレら3人以外に風炉に入ってたのは、おじちゃん(50代くらいか?)が二人だけ。隣から若い子の声がするので覗こうとしていたが、オレらが連れであることに気付き足早に内風呂へと去っていった。

続きを読む・・・

職場・取引先など | 【2017-01-13(Fri) 23:10:37】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

バレないように付き合って行こうね【社内不倫体験談】

先日、会社の事務の理恵さん(32才の人妻)とハメました。

会社の飲み会で、理恵さんはだいぶ酔ってるのか話は下ネタへ。
俺は制服の女性が大好きで、いつも理恵さんのタイトスカートを見て興奮してました。

結構短めで、座るとだいぶ太ももが露出する感じです。
紺ソを履いてる時も色っぽく、俺の一番のおかずでした。


下ネタも盛り上がったところで、「理恵さんの足が好きだな」なんて言ってみたら、よっぽど嬉しかったのかスカートを上にずらして、小悪魔の様な笑みで、「どうおばさんでも元気になる?」なんて挑発してきました。

旦那からは言われた事がないらしく、凄く嬉しかったみたいです。

そのうち理恵さんが「触ってもいいよ」なんて言い出したので、周りに気付かれないように触らせてもらいました。


俺は調子に乗って、タイトスカートのお尻に触ってビックリ。
理恵さんはTバックを履いていました。

理恵さんは「Tだよ」って笑みを浮かべながら言ってます。

続きを読む・・・

職場・取引先など | 【2017-01-13(Fri) 13:10:31】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

不倫相手のバツイチ淫乱OLとの野外セックス体験談

彼女は、私の勤務する会社にパート社員として入社してきた、35歳の離婚歴のある人だった。

私自身結婚していることもあり、はじめは特に意識することもなく日々の仕事に追われていたが、測り難きは男女の仲、いつの間にか周りに内緒でお茶を飲むようになり、キスをし抱き合いセックスするようになった。

彼女は、私に妻子があることがとても辛いようで、時々涙をこぼしては『あなたに奥さんがいなければいいのに』と震えながら泣いた。

妻には残業と偽り、時間を作っては彼女とラブホテルに通う日々。
私に初めてアナルセックスを体験させてくれたのも彼女だった。

肛門をペニスで刺激すると
『ねえ、ゴムつけないの?』と、訊いてくる。
『子供は出来ないよ。』
『そうじゃなくて・・・』
『汚いと思ったらやらないよ。』
『そっか』

別れた旦那に開発されたというその菊門は、信じられない程色素沈着もなく型崩れもなかった。
ペニスは入口でこそ少し押し戻されたが、一旦貫通してしまうととてもスムーズに勃起したものを迎え入れてくれる。

続きを読む・・・

職場・取引先など | 【2017-01-12(Thu) 22:10:09】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

恒例の社員旅行【体験談】

俺の経営する小さな会社…というか工房は毎年春、社員旅行で温泉に行く。

こう書くと「女子社員とウヒョヒョー」な酒池肉林を想像すると思うが、残念ながら7~8人いる社員は、子育てを終えた40代と50代のオバちゃんばかり。
去年までは60代もいたな。ちなみに俺は30代だが、フケ専じゃない。


それでも松坂慶子みたいな美熟女なら、期待も股間も膨らむかもしれんが、世の普通のお母さんたちにそれのを望むのは、酷ってやつだろう。
夜の宴会で浴衣の裾が乱れて太股が見えても、こっちは冷静なもんだ。

というわけで、ハードなエロ描写はない。パンツはいていいぞ。


そんなわが社に「若手女子」が入った。仮名は「美由紀」でいいか。

といってもピチピチの新卒女子じゃなく、33歳の主婦だけどな。

それでもオバちゃん軍団から「美由紀ちゃん」と呼ばれ、
嫌み半分「若い人はいいわねぇ」なんて言われるわけで、相対的には「若手」。
結婚8年で旦那は会社員。子供はいないそうだ。

わが社の場合、若手が1人来たくらいじゃ職場の雰囲気は変わらない。
何せうちの職場、社長の俺(30代独身)を除くと男はバイトの高校生1人だけ。
30代主婦が1人入ったところで、オバちゃんが築き上げた世界は揺るがない。

それに美由紀さん、外見も性格もひたすら地味なんだよな。
色が白くて、よく見ると整った顔立ち。上手に化ければ清楚系美人かもしれんが、目鼻が小さいのに化粧は薄めだし、とにかく華やオーラがないタイプだ。

まあ、美人なら美人で、オバちゃんたちにイビられて大変だったろうけど。

続きを読む・・・

職場・取引先など | 【2017-01-12(Thu) 20:10:47】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

寂しげなパートの美熟女主婦との愛の日記【不倫体験談】

私が多美子さんと言う、寂しげな熟女と出会ったのは、私の勤務先でもある田舎のメーカーの職場。

黛ジュンさんに良く似た美熟女な方でパートさんとして入社されたのですが、個性が強いせいか女性社員さんに、あまり評判が良くなく昼食時も一人で食べられていました。

食堂から出ると、そのパートの主婦は僕の事務所に来て空いた机でお昼寝をされていました。

なんか寂しそうで声をかけると家庭内暴力で精神的に、ボロボロだと話していました。

そして色々話すことで久しくなってきた春に、入社式を兼ねて花見に全社をあげてするのが恒例なので、多美子さんを誘ってみました。


会社としてはパートは社員ではないのでダメなのですが、その時の花見の参加者が、かなり少なく社長からはパート、内職、外注などで人数を集めてくれと頼まれてましたならOKしてくれました。

場所は多美子さんの家の近くで桜の名所です。

夜に花見がはじまり、宴もたけなわになった頃多美子さんが僕に

「係長、トイレに行くのに付いてきて、此処のトイレは暗くて怖いから」

と頼まれました。

続きを読む・・・

職場・取引先など | 【2017-01-12(Thu) 00:30:30】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

出張先で同僚の騎乗位セックスを見てしまった【エロ体験談】

うちの会社は限りなくブラックに近い灰色くらいの会社なんだ。

今回のプレゼンも突貫工事で同僚のAと1週間ほとんど毎日徹夜に近い状態で仕上げたんだ。

地方にあるクライアントに出張して、Aと僕、アシスタントのCちゃんの3人でなんとか無事にプレゼンを終わらせて、そのあとの接待の飲み会も終わらせて帰ってきたんだ。


Cちゃんは入社3年目、ショートカットで目のクリッとした相武紗季をちょっとボーイッシュにしたような可愛くてちょっと格好いい感じの子だけど、客先の部長のセクハラトークも健気にスルーして頑張っていたんだ。

ケチ会社なので出張のときビジネスホテルの部屋もツインでAとの相部屋なんだ。
さすがにCちゃんはシングルをとったけど、これだけ働かせて泊まりも相部屋かよという感じだよね。

それどころか夜中の10時だというのになんと仕事のメールがはいってきたんだ。

急遽、客先の都合で2日先の予定だった打合せが明日になったので、泊まらないで車をとばして帰って来いって、そういうことだった。
そういうわけで僕だけは車で帰ってAとCちゃんは次の日にJRで帰ることになったんだ。

夜中に車を飛ばしている最中にまた最悪なことに気がついた。
明日必要な資料の一部をホテルに忘れてきたのにきづいたんだ。

続きを読む・・・

職場・取引先など | 【2017-01-11(Wed) 15:10:40】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*