FC2ブログ
アクセスランキング

出張先のスナックで知り合った女性 2

いよいよ彼女と湯船の中で対面座位で挿入。私の一物は、平均サイズですが、彼女の膣は緩くなくピッタリと一物にフィットしていた。

ジュポジュポと出し入れしながらオッパイを弄りキスを繰り返し、しだいに彼女が感じてきたので、膣が一物を締め始めてきて、このままじゃ、中出ししそうになったから一物を抜こうとすると

「イヤツ、このままでいい、気持ちいいから」
「でも、生出しは、まずいでしょ?」

「大丈夫、ピル飲んでるから」
「だから、このままイカセテ・・」

「本当に大丈夫?」
「だいじょうぶ、だから、オネガイこのままでイカセテ」

と云うから私は、覚悟を決めて、そのまま続行

彼女は私の上で秘部を擦りつけて腰を振り続け、私にしがみついて「イイッ、イイッ、キモチいい、もう少しでイケそう、アアッ、イイー、イイー、どうにかなりそう・・・」

「アアーッ、イイーッ、何かワカラナイーッ・・・・」と呻いてイッテしまった。私も直ぐに精汁を吐出して果てた。

続きを読む・・・

人妻・熟女 | 【2018-09-27(Thu) 16:10:50】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

出張先のスナックで知り合った女性 1

私は、仕事柄出張であちこち行きます。

たまに1週間ほど、同じ場所に留まることがあり、その時は夜、近所のスナックを覗くこともあって、そこで知り合った彼女とのことを聞いてください。

そこには、数年前に一度行ったことがあって、そこで知り合った彼女と仲良くなり他愛ない話をしながら「今度来たら、デートしようか?」なんて言ったら

「そうね、今度会えたら、いいですよ」とその時は、それだけで別れました。
そして今回2度目に店に行き彼女と再会。


いつものように他愛ない話から、「今度の金曜日、仕事が空いて暇だけどデートしようか?」と誘ったら「そうね、朝、子供たちを送り出したら時間をとれるわ」とOKをもらった。


当日、朝から電話をして彼女を迎えに家まで車を飛ばした。ドライブでもしようと思っていたのに、家の前で足首を捻ってしまい少し彼女の家で休ませてもらうことになった。

すると彼女が「Tさん、足首をマッサージしてあげる」と言って用意を始めた。

「昔、マッサージをしたことがあるのよ、痛めたら直ぐに処置すれば早く治るからね」とソファーに座った私の足を手際よくマッサージを始めてくれて、それがとても気持ちよくて私は、眠ってしまった。

続きを読む・・・

人妻・熟女 | 【2018-09-27(Thu) 15:10:34】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

お願い、静かに、子供が目を覚ますから・・・

子供の夜泣きが止んで、やっと寝付いてくれて時計はもう午前を指してて、主人は今日も遅い。
音を立てないように、そっとトイレに行きました。

帰りに風呂の脱衣場の前を通ったら、人がいた。
主人の従兄弟、Tさん、今年が成人式です。
ズボン下ろしてる、どうしたの?

やだー、私のショーツ手に持って、広げて嗅いでる。
洗濯物から取り出したんです。
股間に手を入れて、オナニーしてんの?
ふっふふ、こんなところで何やってんですか。
私に気が付いてない。

さ、子供のとこに戻んなきゃ
もうちょっと見ちゃおう、よせばいいのに、覗いてました。

感じやすい私の体、ふらっと動いて
置物にぶつかって「ガ、タ」って音が

しまった、気付かれた? Tさんが、振り向いて
怖い、脇の部屋に逃げた。でも隠れるところが無い。
ドアの影に隠れたけど、だめ、Tさんが来て
ここに居るのわかってるよって、小声で
見つかっちゃいました。

続きを読む・・・

人妻・熟女 | 【2018-09-27(Thu) 10:10:19】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

女手一つで育てながら弁護士になった尊敬する母が悪友に・・

これは今から2年前の僕が大学性の時の話です。母は24歳で僕を産み、子育てが一段落した後、法科大学院に入り、司法試験に合格し弁護士をしています。


息子の自分が言うのもなんですが、とても41歳には見えないくらい美人でスタイルが良く格好いい母親です。学校の参観日に来た時など、クラスの友達から冷やかされる事がよくありました。


同級生のお母さんの中にも若々しくしているお母さんも結構いるのですが、母は同級生から見ると他のお母さんにはない妖艶さがあるらしいのです。同じクラスの祥平は何度も母の事をおかずにしてオナニーしているとよく言っていました。


祥平は見た目がジャニーズ系で女の子からもよく告白されたりするのですが、同世代の女の子よりも年上の女性に興味があるらしく、いつもインターネットで熟女動画を観てオナニーするそうですが、最近は射精する瞬間は私の母の事を思い浮かべるそうです。


特に先日、参観日に母が着てきた黒のタイトスカートと白のブラウス、そのブラウスのボタンが横に引っ張られるぐらい大きなおっぱいが忘れられないらしく、その母のおっぱいに吸い付きながら手で射精させてもらう事を想像してオナニーをしてるそうです。

続きを読む・・・

人妻・熟女 | 【2018-09-26(Wed) 22:10:12】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

居酒屋で仲良くなった夫婦の奥さんが酔っ払っていたのでホテルに連れて行った

行きつけの小ぢんまりとした居酒屋に訪れる政夫・京子夫妻と何時しか意気投合し、互いに連絡先を交換する仲となって久しくなっていました。

政夫は大手企業の中間管理職の51歳で私の1歳下。

京子は福祉系の派遣社員の46歳。

2人には子供がなく、周囲が照れてしまう程の仲の良さ。

政夫はどちらかと言えば派手に飲んでいつしか飲まれるタイプ。

決して強くはないのであろう。
それに対し、京子は淡々と飲むタイプで、間違っても乱れることのない方。

実はこの京子。顔立ちは地味系で、お世辞にも美人とは言い難いが、私の初恋の少女の面影が時折見え隠れし、初対面の時から心惹かれていました。

我社の歓送迎会が企画され、二次会までは顔を出していたものの、三次会以降は若者だけに場を譲り、近場の小料理屋へ身を潜めるように移動しました。

カウンター10席と小上がりのテーブル1卓しかない、私好みのタイプの店は絶えず客が出入りし、繁盛していたが、何より嬉しいのが、一見の私が遠慮せずに会話を楽しめる店でした。

どれほど飲んだだろうか。

小上がりのグループから1人の女性が仲間に別れの挨拶をした後、覚束ない足取りで出入口付近に座っていた私の方へと歩み寄ってきた。間違いなく京子であった。

続きを読む・・・

人妻・熟女 | 【2018-09-26(Wed) 10:10:24】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

主人の同僚に主人の浮気を相談した結果・・

私は43歳で会社員、彼(52歳)はバツイチで主人の同僚です。
時折、家にも来る事がありましたが、私は本当に主人の同僚としか見ていませんでした。


それは2ヶ月前のことです。
どうやら主人が浮気をしているらしく、その方に恥ずかしながら相談しました。
彼の離婚の原因は奥様の浮気でしたから、私の気持ちを理解してくれると思ったからです。
彼はとても親身に相談に乗ってくれました。


主人とは数ヶ月、夜の営みはなく、いわゆるレス状態でした。
私は“相談”を口実にして彼と会うようになっていました。

私の中ではすでに彼に対する想いが膨らんできていたのかもしれません。
彼もまた私に対する思いを遠回しに言ってくれるようになっていました。

そんな時、初めて車の中で引き寄せられ、唇を奪われました。
初めは抵抗しましたが・・・。
今は子供にもお金のかかる時期で離婚はできません。
それもあり、主人の浮気については彼のアドバイスもあり“知らないふり”を通していました。
でも本当は我慢の限界でした。

そんな時、主人の3日間の出張が決まりました。
もちろん彼は同僚ですから知っていたはずです。

続きを読む・・・

人妻・熟女 | 【2018-09-25(Tue) 21:10:53】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

単身赴任先で出会った愛くるしい人妻

社内の派閥争いから名古屋支店に左遷。単身赴任4年目を迎えた40代前半の会社員です。

第二営業部次席とは云っても部下は定年間際の2名のみ。
単身赴任当初は、毎週末に帰省(都内)し土曜の午後、妻との買い物が終わると日曜の昼頃まで愛妻を相手に性的なストレスも併せ発散していたが、支店の業績低迷から毎週末に帰省が出来なくなって半年、仕事帰りに立ち寄った100円ショップ(キャン○○)のレジー係・明美さんと知り合った。

明美さんは小柄でぽっちゃりした体型でまるで「小狸」のような愛くるしい瞳の熟女。
妻に感じたことのない魅力にショップに通う毎日が楽しく、単身赴任の寂しさやストレスもあって105円の支払の時に携帯番号のメモを渡すほどのアバンチュールの対象となってしまった。

メモを渡して3日経っても電話がなく、ダメか?と諦めていた矢先。
見知らぬ着信番号に出ると「どうしようか迷っちゃったけど、電話しちゃった!」と明美さん。

俺はこのチャンスを逃してはと焦りながらも「都合の良い日に食事でも」と誘ったら明後日は早番なので午後1時にパートが終わるとのことで会う約束をした。
その晩、俺は明美さんとの淫らな幻想を描きながら固く隆起する下半身を慰めた。

2日後、外回りを口実に外出し駅前でレンタカーを借りて待合わせの場所に行くと、
いつもの愛くるしい瞳の明美さんが、店でのエプロン姿とは違って短めの紺のスカート、薄水色のブラウス姿で立っていた。

続きを読む・・・

人妻・熟女 | 【2018-09-25(Tue) 12:10:30】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

冴えない私の唯一の武器は20センチ砲です

私は単身赴任中の会社員です。

もう年は52歳になります。

いわゆるその辺のおじさんで、服装もあまり気にしないし、体型も徐々にメタボに近づきつつあります。

ただ、自分で言うのもなんですが、唯一自慢できることがあります。

それは、ずばり「チンポ」のサイズです。
特に長さなんですが、勃起したらなんと20センチを超える長さです。

単身ながら、妻とうまくいっているのも、このおかげといっても過言ではありません。

なにせ、わたしのチンポが大きすぎて、ほかのチンポに浮気される心配ないのです。

(自分が思っているだけなのかもしれませんが、、)

ちなみに、隣の奥さんとのことなんですが、年齢は44歳のかすみさん。

子供さんは1人おられるのですが、大学生で、家から出ているので、だんなさんと2人暮らしです。

かすみさんは、年の割には、スタイル抜群で、おそらくGカップはあると思われるバストが僕の一番の気になるポイントです。

続きを読む・・・

人妻・熟女 | 【2018-09-25(Tue) 10:10:35】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

旦那LOVEの人妻を落すテクニック

俺が人妻好きで、自然とそうなっちゃうわけだが。
人妻好きと言っても誰でも良いわけではなくて、俺の中で優先されるのは“旦那さんLOVE”な人妻だ。

「旦那のことが好きでたまらない」
「旦那を心から愛している」

・・・などと言う女に魅力を感じてしまうんだ。

だから女性のプロフィール欄に、『結婚しているので男性からのメールはお断りします』のような書込みを見つけると、ワクワクしながらメールを打ってしまう。
もちろん、ほとんど返事は来ないけどな。
だって、初っ端のメールで、俺の人妻好きをカミングアウトしちまうから(^^;)
そらシカトされるって話よ。


だがな、10人中・・・いや、20人中に1人くらいは返事をくれるんだよ。
同時添付して送った奇跡の写メの効果かもしれんがな。

返事をくれる人妻の傾向としては、真面目で押しに弱いタイプが多い。
もちろん例外はあるし、個人的感想だから反論はなしで頼むな。

続きを読む・・・

人妻・熟女 | 【2018-09-24(Mon) 10:10:16】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

DV夫から逃げてきた風俗経験ありの人妻

うちは代々続く農家で、俺は家業を継いで田舎で農業をしています。
父は他界し、母は年老いて認知症で老人ホーム住まい。
最近は実家で一人暮らしという寂しい生活を送っていました。

おまけにうちは隣家が数百メートル離れている超ド田舎。
周りも山ばかりで娯楽なんてテレビと犬の散歩ぐらい。


ある日、農作業が終わった俺は犬を連れて山の中を散歩していました。
その途中、犬が突然雑木林に向って激しく吠え始めたんです。
なんだなんだ?と思ってその方向を確認してみると・・・。

なんとボロボロになった若い女が、雑木林の中で倒れていたんです。
女は意識こそありましたが体の方は全身すり傷やアザだらけで、さすがに放置するわけにもいかないと思った俺は携帯で救急車を呼ぼうとしたんです。

すると女は、「やめて!人を呼ばないで!」と叫んで、それを阻止。
何か訳ありな雰囲気を感じ取った俺は、とりあえず彼女をおぶって自宅まで移動することにしました。

女を家に上げて気休めにお茶を出すと、彼女は涙ぐんで俺に感謝の言葉を繰り返してきました。


「ありがとうございます・・・ありがとうございます・・・」

続きを読む・・・

人妻・熟女 | 【2018-09-22(Sat) 12:10:52】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*