FC2ブログ
アクセスランキング

13年ぶりに再会した元妻にさよならを伝える最後のセックス

13年ぶりに再会した42歳の元妻は、昔は無かった色気を醸しだしていた。

思わず腰を抱き寄せたら、

「バカ…止めてよね…私達、もう、とっくに夫婦じゃないのよ…」

そう言って元妻は俺の手を払いのけた。

「なあ…思い出に1回だけ…頼むよ…さようならさえ言えず、あんなふうに別れちゃってさ…心残りなんだよ…」

「1回…だけよ…」



シャワーを浴びた元妻の昔より少し肉付きが良くなった裸から、むせ返るような色香がたち込めた。

「なに恥ずかしがってるんだよ。昔散々抱かれたのに…」

「今はあなたの体じゃないわ。夫以外に裸を見られるのは恥ずかしいものよ…あっ…特にそこは…」

今の夫に突かれ続けたのだろう、ドドメ色になった元妻の肉ビラを掻き分け、まだピンクのままの肉ビラを啜った。

続きを読む・・・

人妻・熟女 | 【2017-11-25(Sat) 10:10:27】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

上司の部長の奥さんとセックス三昧です【人妻体験談】

私は35歳の会社員です。

会社の上司の部長の奥さん(和美・48歳)とセックス三昧です。

顔のシワ・垂れた胸・尻は熟女なのでしょうがないが、熟女好きの私にはストライク!

私と和美さんの関係は私の離婚問題を部長に相談している時でした。

前からいいな~と思っていた私は部長の泊まり出張の日を見計らい部長宅に行きました。

「あれ?主人は出張だけど・・・?」

「あれ、そうですか?間違えたかな?」

「そう言えばその後どーなった?大丈夫?とりあえず上がって」

といい親身に心配して話を聞いてくれました。

私は思いきって、

「和美さんみたいな人が奥さんだったらな~!やっぱり年上がいいな~」

と言うと和美さんは、

「私なんかおばさんだよ!若い子の方が良いわよ」

って笑いながらいった。

続きを読む・・・

人妻・熟女 | 【2017-11-23(Thu) 16:10:43】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

熟女喰い【熟女体験談】

世の専業主婦の奥様方というのは何とも乱れているというか…

僕は佐野京也27才。独身趣味と実益をかねてテニスインストラクターをしている。
僕のクラスは奥様ばかり24人で人気のクラスだ。

何故かって?
もぅお察しがつくと思いますが、アフターサービスもついているからなんです。

アフターサービスしている奥様は12人。
奥様方は暗黙の了解でアフターサービスの順番が決まっています。
では奥様方のアフターサービスをお話しましょう。


羽田幸子さん43才。旦那は貿易会社役員、子供高校と中学の息子2人。

幸子さんは旦那が仕事柄海外出張が多く時間を持て余しているセレブな奥様。

40代の女性らしくお肉もつく所についている西川峰子の雰囲気のある奥様。

スクールでは大人しい生徒だがアフターになると一変する。
その日も練習を終え幸子さんのアウディの助手席に乗り郊外のイタリアンの店に向かっている途中‥運転席から右手が僕の股間に‥
若い僕の股間はたちまち反応する。

『今日もコーチの坊やは元気ね』
『そりゃぁ幸子さんの魅力にかかれば誰でもですよ』
『まぁ~お上手ね。私以外の中でも暴れてる坊やのくせに。お仕置きよ!』
そう言うとジッパーを下ろしパンツから勃起したモノを取出し亀頭を手のひらで撫で始め‥
『あらッ!もぅ厭らしく涙を流してるじゃない』
そう言いながら右手を上下に動かし始めます。

続きを読む・・・

人妻・熟女 | 【2017-11-23(Thu) 12:10:46】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

主人は双子、兄弟夫婦で思わぬ展開に…【エロ体験談】

主人は双子です。一卵生ではないのでそっくりとは思いません。でも他人からは、すごく似ていると言われます。兄のほうが私の主人で、私一筋の真面目人間です。弟は少し遊び人風な大工さんです。

私は弟の顔も性格もタイプではありません。
近所なので、よくどちらかの家で食事を一緒します。
その日は土曜日、主人たちの40歳の誕生日で、ある意味いつもより盛大になりました。


飲み始めて約2時間、4人ともかなりお酒がまわり、珍しくHな話題になりました。
弟の妻Nのテンションがぐんぐん上がり、主人に好きな体位とか、挿入時間とか、あれこれと聞き始めました。まるで主人に興味でもあるかのように思えました。

本音を言うと、私も少しだけ弟に興味がありました。
それは、N子は弟のおちんちんで何度も逝った事があると言うのをのを聞かされているからです。
主人とは週に2回愛し合ってますが1度もおちんちんで逝ったことがありません。

太さ、長さ、固さと双子で違いがあるのかな?と気になるところがありました。
そして私もお酒の力を借りてごく自然に聞きました。

続きを読む・・・

人妻・熟女 | 【2017-11-21(Tue) 08:16:10】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

男40にして、岐路にたつ【体験談】

俺は、モテ期を過ぎた38歳の、独身サラリーマンだ。性処理は、もっぱら風俗だ。
そんなおり、足が不自由な60過ぎの親父が、介護師と再婚すると、報告してきた。
しかも20代の女らしい、よくやるよ。

父親とは、母との離婚を期に疎遠になっていたが、母が他界したのを期に一定の距離感をおいている。

しかし、その時が来た。
後妻から連絡が来た。父親がついにほぼ寝たきり状態になり、俺に会いたがってると

GWを利用して帰郷した。ってか、実家は、隣の市なのだが、
ガラガラガラと、玄関を開き、勝手知ったる実家だ。
ズカズカ上がり込むみ、居間に座ったら、襖が開き、
初めまして、清子ですって、三つ指をついてる。

(俺)あっあぁ、どうも、正行です。
(清子)よろしくお願いいたします。って顔を上げた。
(俺)えっ。
(清子)あっ。そこに、居たのは、アイコだった。
アイコは、俺のよく指名した風俗嬢だった。
(俺)あっアイコ何で?わっわかんねーよ?。


アイコ、嫌っ清子の話だと、清子の母親は父の離婚を期に、長く父親の介護をしていたらしいが、借金苦で自殺した。

清子は風俗の稼ぎで、生活していたが、父親が清子を探しだし、介護を依頼して、今に至ると、しかも、俺と同居を望んでるって、
確かに、アイコは風俗店を辞めていたな。

続きを読む・・・

人妻・熟女 | 【2017-11-20(Mon) 22:10:31】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

帰省すれば抱かれるのはわかっているのに…3【人妻体験談】

4日目の夜、義父が仕事から帰ってきました。
私たちが帰ったと思っていた義父は家の明かりを見て走って帰ったのか、ハアハアと息を切らせ、額から汗を垂らしていました。

私も義父の顔を見ると、たった2日居なかっただけなのに愛おしくなってきて、義父に抱き付き激しいキスをしていました。

それは義父との初めてのキスでした。ヤニ臭い口、もし主人がそうだったら、すぐに離れていたかもしれませんが、義父ならなんとも思わないのです。時間も遅かったので、子供はすでに2階で寝ています。

義父もそれを知っているようで、玄関の扉が開いたまま5分以上も抱き合っていました。私は近所の人に見られないか心配だったのですが、義父にされるまま抱かれていました。

義父が正気に戻り、玄関の扉を閉めると、「お義父さん、お帰りなさい。」と言ったのです。


義父は早速お風呂に入り、私は義父の食事の用意をすると、裸になって義父の入っているお風呂に入っていきました。

そこでも以前なら、義父の背中に回りタオルで背中を流すのですが、この日は向かい合わせに座り、義父の首から両手、胸やお腹、そして両足と洗い、大きくなったペニスは素手で洗っていました。
義父はその間、私の胸や股間を触って遊んでいるのです。

続きを読む・・・

人妻・熟女 | 【2017-11-20(Mon) 00:30:05】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

帰省すれば抱かれるのはわかっているのに…2【人妻体験談】

お盆2日目、その日は朝から義父が子供を連れて、遊びに行ってしまいました。何でも、私はお嫁に行ったときは寂しかったそうですが、孫を連れて遊びに行くことが夢だったそうです。

私は仕方なく、義父が溜めていた洗濯と、いつしたかわからないお掃除に取り組むことにしました。
それでも、お昼に二人は帰ってきました。子供は遊び疲れたのか、義父におんぶされ背中で眠っていました。

私は子供を寝かせ、お昼の用意をしに台所へ。その間、義父はシャワーを浴びていました。台所で食事の用意をしているとき、いつしか背中に義父の視線を感じていました。

振り向くのもためらわれたので、そのまま用意を続けていると義父が私の背中に張り付いてきました。
(ああ、お義父さん、まだ外は明るいと言うのに、、、、)

今までの義父の行為は夜でした。それなのに、、、、窓には薄いレースのカーテンがしているので、覗かれる心配はないと思うのですが、、、
「ゆりこ、いいかい。」
義父は私の脇から手を前に回し、胸を揉んでいます。


私はもう何もすることが出来ず、コンロの火を止めると頷いていました。
義父は私の着ていたワンピース(夕べ着ていたものより、少し体にフィットしたもの)の前のボタンをすべて外すと、ブラジャーの中に手を入れてきたのです。

「ああ、、お義父さん、、、、」
義父の攻撃はそれだけではありませんでした。

続きを読む・・・

人妻・熟女 | 【2017-11-19(Sun) 23:10:29】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

帰省すれば抱かれるのはわかっているのに…1【人妻体験談】

今年のお盆も母のお墓参りで実家に帰ってきました。
帰れば義父(母の再婚相手、57歳)に抱かれるのは分かっているのに、、、主人の転勤で田舎を離れて10年。初めて田舎に帰ったのが3年前の母のお葬式でした。

その翌年、また翌年と母の法事が続き、去年のお盆初めて義父と関係を持ちました。

主人は仕事で先に帰り、実家には私と私の子と義父だけでした。2階で子供と眠っていると、いつの間にか私の布団に義父が入ってきていました。

蒸し暑い夜だったので、私はタオルケットを跳ね除けパジャマだけで寝ていました。当然寝るときはブラジャーを着けないので、上は半袖のパジャマだけ。下もパジャマのズボンとショーツだけでした。

子供のほうを向いて横向きに寝ていたので、私の背中に義父が張り付き、右手を後ろから私の前に回し胸を触っていたのです。胸をやさしく揉まれやっと気付いた私。でも声を出すのも忘れていました。

それは、昔から義父は優しく、私が憧れていた男性だったからです。義父の右手は私の胸に止まらず、股間をも触ってきたのです。最初はパジャマの上からだったのですが、義父の左手が私の左肩と枕の間から前に出てくると、両手を使ってパジャマの上着のボタンを外し、乳房を揉んできたのです。

それでも私は恥ずかしさで声も出ず、眠ったふりをしていたのです。
もうその頃になると、義父も私が起きているのに気付いていたと思います。私はきつく目を瞑り、声が出ないように手で口を押さえ、体を硬くしていたからです。

続きを読む・・・

人妻・熟女 | 【2017-11-19(Sun) 22:10:02】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

危うく妻の妹とヤッてしまうところだった…【エッチ体験談】

僕ら夫婦、妻の妹夫婦、僕の兄夫婦(子供二人)でキャンプに行った時の話です。

キャンプ場のコテージを借りての一泊。

アルコールも程よく回り、みんなで酔い潰れて雑魚寝状態でした。

僕は夜中に喉が乾き、水を飲みに起きました。

みんなすっかり熟睡状態で寝ています。

僕は妻(27歳)にちょっとエッチな事をしようと、妻の寝ている後ろにぴったりと張り付きお尻や胸を弄り始めました。

妻はよく寝ていて触られても気がつきません。

僕は妻の髪の毛を掻き分けうなじを舐めたり、Tシャツの中に手を入れブラの上から揉んだりしていました。

妻は何となくハァハァ言い始めたようです。

僕は周りに気づかれないように妻の口に手をやると妻は指フェラし始めました。

僕はもうどうにも止まらなくなり、妻を前に向かせてキスをしました。

妻も自分の方から唇を寄せてキス。

舌を絡めてハァハァ言い始めました。

キスを続けてると何かが違う・・・?

続きを読む・・・

人妻・熟女 | 【2017-11-19(Sun) 21:10:02】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

同僚の奥さんのパンティー・・・たまらん!【エッチな体験談】

井上あさひ似の奥さん31歳のパンティを手に入れた!!
いま、手も体も震えている。武者震いだ。

夕べ同僚の家に遊びに行き、食事をして酒飲んで、そのまま寝て、俺が今朝がた体調くずして下痢しちまって、そしたら同僚は俺を心配しながら出勤、

「きょうはこのまま休んだらどうだ?動けそうなら病院に行ったほうがいいと思う」との気遣いのセリフ。

奥さんは「武さん、よかったらうちで休んでいって。熱もありそうだし無理しちゃだめですよ」とこれまた優しい言葉。

奥さんも生命保険の仕事してるので10時半くらいに出勤。マンションの鍵をあずけてくれた。

「また今度会社で主人に返しておいてくれれば大丈夫ですので」と。
おれのことをどこまで信用しちゃってるんだか。

さらには俺のためにおかゆまでつくっておいてくれたと言うじゃないか。信じられん。既婚うらやま!リア充すぎる!


たしかに俺は会社では良い人間のほうだと思うし、同僚にもちゃんと接している。鍵をあずかったからと言って、金目のものを盗んだりなんてことは当然しない。

続きを読む・・・

人妻・熟女 | 【2017-11-18(Sat) 23:10:09】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*