FC2ブログ
アクセスランキング

人気アダルトブログ☆新着情報

Powered By 画RSS

巨乳の女友達にフェラチオされて最高に気持ち良かった体験談

3年くらい前の体験談。
俺の家にバイト先の友人達を呼んで遊んでた。
男2人に女3人の仲良しメンバー。俺も含め、全員大学生。
いつものように飲みながら、適当に話をしたりテレビ見たりして楽しんでた。

その日は俺だけがバイト明けだったせいもあり、途中で眠くなってきて横になったまでは覚えてる。

気が付くと友人達がいない。
自分が寝てしまった事と、その間に友人達は帰ってしまった事を理解し、友人達に謝りメールをしようと思った。
それと同時に、そもそも自分が寝ていたのだから鍵がかかっていない事に気付き、玄関に向かった。
すると、玄関に女物の靴が1足ある…。

えっ?と思い、部屋に戻ったが誰もいない。
裸足で帰ったのかとか思いながら、家中を探したらロフトで友人が寝てた。

その友人の名前はS子(20歳)。身長は小さめ、黒髪ロングで自分的には可愛いと思う子。

S子を起こそうと声をかけたが起きない。肩を揺らすが、それでも起きない。
ここで、俺に悪い考えが頭をよぎる。
S子は胸が結構大きく、目がいってしまう事も多々あった。
そんな胸を触れるチャンスかもしれない、俺は手を胸に近づけた。
今でも、あの時に緊張で手が震えてたのを覚えてる。

続きを読む・・・

友達 | 【2017-10-17(Tue) 23:10:01】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

バイト先の男に食われていた妻 2【寝取られ体験談】

妻は目の前に出された巨根を自分から咥え込んで、『おっきのが好き』と信じられないことを言ったみたいだった。

私は若者の言葉を信じたくなかったが、どうしても嘘を言ってるようには思えなかった。
と言うより、今まで自分が抱いていた妻の“セックス嫌い”というのは嘘ではないか?という疑念が確信に変わっていた気がしました。

「それで◯◯さん興奮し始めて、ガンガン首振ってしゃぶりだしたんすよー、すげージュボッ、ジュボッとか音出して。俺のデカいから半分も入んないんすけど、それでも喉奥まで自分で突っ込んでくんすよー。あれ相当なM女っすよ」

「え、そ、そうなんだ・・・すごいね・・・」

(M女って・・・)

「で、俺も入れちゃおうかなって思ったんすけど、めんど臭かったからそのまま口の中に出しましたよー。すげー出ちゃったんすけど、あいつ勝手に飲み込みましたよー。マジでスケベな女っすねー、つーか人妻ってみんなエロいっすからねー」

「え、飲んだ?す、すごいね・・・」

(俺のは一度も飲んだことないのに・・・)

「そうっすねー、その後も全部吸い出すみたいにずっと掃除してましたよー。相当精子好きっすね」

「そ、掃除?あ、そうなんだ・・・」

続きを読む・・・

寝取り・寝取られ | 【2017-10-17(Tue) 22:10:54】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

バイト先の男に食われていた妻 1【寝取られ体験談】

私は39歳のフリーのカメラマンです。
妻は36歳で大型ショッピングセンターでパートをしています。

私の仕事は忙しい時は忙しいのですが、暇な時期は1ヶ月くらい自由に出来るような時もあります。

若い時からずっとフリーでやってるので、たまには企業に入って仕事をしたり、上司から言われた事を一生懸命頑張る!なんてスタンスの仕事もしてみたいなーなんて思っていました。

そんな時、妻のパート先のショッピングセンターでバイト募集しているのを聞きました。
ちょうど仕事も暇だったので、面白そうだからバイトに言ってみる事にした。

妻との関係を秘密にした方が面白そうだったので、他人のフリをして面接したら、見事受かってしまった。
そして短期のアルバイトが始まった。


妻は食品売り場でパートをしている。
妻は少しポッチャリしてきたけど、見飽きてきてる割には美人な方だと思う。
何と言っても垂れてないGカップのおっぱいが自慢だ。
毎日胸筋のトレーニングを欠かさないのが効いてきてるようだ。

バイト初日、私も妻と同じ食品売り場担当で、同時に採用になった高校生と20歳ぐらいの若僧が3人いた。

どうやら若者は私のことを“使えないおやじ”的な感じで見ている感じがした。
まぁでもそんなの関係なくて、たまのサラリーマン的仕事を楽しむのが目的だ。

続きを読む・・・

寝取り・寝取られ | 【2017-10-17(Tue) 21:10:21】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

職場の仲間と飲んだ帰りにお気に入りのお姉さんを落したったw

職場とは少し違うかも知れんが、仕事帰りよく飲みに行っていた。
まー職場仲間4~5人くらいなんだが年上のKさんは、高確率で参加していた。

その日は3人だったが一人先に帰ってしまい、自分とKさんだけになった。
フランクに話せる関係だったので、盛り上がり飲んでいた。


けっこー脇が甘い人で、パンチラ&ブラちら見れる人で、適度なHネタと無防備なむっちりな内太ももに、もー脳内かなりキテいる。

帰りに店を出ると雨が少し強くなっているので傘に入れてあげ(社を出るとき小雨でKさん傘持って出ないでいた)

ビニールの小さい奴なので肩がピッタリくっついてドキドキ感上がりまくってる所に、混雑抜けたりして体勢変えるとき肘におっぱい当ったりして、嬉しいやら困るやら、もーなんか堪らなくなって頭真っ白視界ゼロになって、思わず正面から抱き寄せキスしにいった。


後から思うと結構な人ごみの中、相合傘で抱きしめて(抱き合ってでは無い)飢えまくってガッツイてむさぼってる状態。
ただ女ってすげーと思ったのが、ちゃんと直前に目を瞑ってた。

続きを読む・・・

職場・取引先など | 【2017-10-17(Tue) 16:10:11】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

新幹線のトイレで目をつむってオナニー中の男性を発見して…

前、のぞみに乗ったときの話です。あ、「のぞみ」って東海道新幹線の事ねw知ってるってww洋式トイレに入ろうと思ってドアを開けたら、男の人が目をつぶってオナニー中でした。
どうやら鍵をかけ忘れてたみたい。

「ヤベ!w」と思って私は見なかったフリしてカーテンの付いた洗面台に隠れたました。

カーテンの隙間から見てたんですけど、のぞみのドアって手動じゃなく電動で開くからとっても静音w電車の騒音もそれなりにあるせいか、その男の人、気づかないでずっとシコシコやってました。

しかもあのドアって「閉」押さないといつまでも閉まらないんだwwwもう扉全快でオナニーにふけってる姿丸見えです。


こっちが恥ずかしくなっちゃいました。
のぞみのトイレって車両の連結部分にあるから何人か人が通ったんですが、その男の人は全然気づかないんです。

でも、私が、チラチラ見てるうちに、男の人のおチンチンがだんだんおっきくなってきてなんだか興奮してしまいました。

自分でも大胆な事しちゃったな~、と今でも思うんですが…通路に人がいなくなったのを確認して、私は洋式トイレの個室に入り込みました。

続きを読む・・・

いろいろなシチュエーション | 【2017-10-17(Tue) 15:10:03】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

同窓会での再会で人妻食いにはまる…【エロ体験談】

気がつけば私も独身の45・・・独りグルメとたまに『女」を食う位でいつもは「オナホ」のお世話になって、洗ってる時にむなしくて痛くなるし、子連れの親子を見ると、私の健在の両親に不肖の息子で申し訳ないと思う。

オナホで「鍛えられた」せいか生身の女で自分が快感度数が減った気がするけど、女の反応はいいけど醒めても居た。

そんな時、同級生の飲み会があり、そういうのに参加してなかったけど、ふと、行こうかとなり、高校生以来に会った。


自分は独身で、幼稚臭くて「オナホ」までやってるから若さはあるけど、周りを見ると「くたびれて」見える。子供に移って自分の余裕がなくなるのか。

小中高と同級生の千佳という女が目に付いた。小〇生の時はアニメの話なんかして仲が良かったが、千佳が中学位からスカートが長くなり、おしゃれで可愛さも増していたけど、近寄りがたくもなっていた。少し不良の彼氏ができたみたいで。

高校卒業と同時に上京して、風の便りで結婚したと聞いた。

その後、1度だけ友人の結婚式で会ったけど、さらにきれいになってるけど相変わらず、近寄りがたいヤンキー臭がするのであえて話をしなかった。

千佳の視線は感じたけど、人の妻だし。その結婚式から10年以上たつけど、45で一番色気を感じる。

続きを読む・・・

人妻・熟女 | 【2017-10-17(Tue) 12:10:43】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

友達が私の彼氏と浮気をしていて、セフレとして認めて欲しいと…

勝手ながら先月あった修羅場投下させていただきますm(__)m
私は怪談話・ホラー映画系が大嫌い。
彼はそんな私を怖がらせるのが大好きな大学生カポーです。

彼は幽霊とかをまったく怖がらない・信じないため2LDKで家賃4万のでるといわくつきアパートに住んでます。
(彼の隣の部屋で家族が心中したらしい)

そんな彼の家に1人で行くのは怖くて無理なので、遊びに行くときは共通の友達A子と行き、よく3人で遊んでました。

ある日、彼が病気で1週間近く寝込んだのでお見舞いに行くことにしました。

しかし1人で行くのは怖いのでA子と行こうと思いA子にメールをすると「用事があるから今日は無理。明日一緒に行こう」という返答。

でも彼が心配だったので頑張って1人で行くことにしました。
彼へのお見舞い、生活必需品、食料、わざわざ神社にいってお守りまで買いガクブルの状態で夕方にやっと彼の家のピンポンを押しました。

ピンポーン・・・。
ピンポーン・・・。
ピンポーン・・・。

でてくる気配がない・・・。

死んでる(゜Д゜)!?と思い電話をかけると彼はワンコールででました。

続きを読む・・・

不倫・浮気 | 【2017-10-17(Tue) 00:30:57】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

元アイドルのセックスレス主婦の夫婦生活を再開させた出来事

私は十数年前、アイドルとしてデビューしました。

歌番組で上位に入ったこともあります。
歌うことが好きでした。

しかし、時代の趨勢とは合わず鳴かず飛ばずで、引退同然となりました。


数年前、小さな機械専門商社を経営する今の主人と出会い結婚、正式に所属事務所を外れ、ずっと専業主婦をしていました。

幸福な家庭ではありましたが、次第にある種の倦怠とマンネリを感じ始めていたところ・・・



昨年の夏、「もう一度歌ってみないか」と、お誘いを受けました。

別の音楽事務所Sプロの会長さんからでした。

私は、せめてもう一度精一杯歌って、かつて応援してくださった方々にお礼をしたいと思っていたので、このライブのオファーはとても嬉しかったです。

条件を詰めることとなり、私は夫と共にSプロに向かいました。

続きを読む・・・

寝取り・寝取られ | 【2017-10-16(Mon) 23:10:10】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

SM童貞の俺だけど頑張って縛ってみた【エロ体験談】

俺はSMの知識だけ豊富なSM童貞である。
まぁSM系の出会い系サイトだ。

オフの場所は麻布にある隠れ家的な個室で行われた。
人数は男2対女3のアシンメトリーな数。
今思えば他の子からはビッチな香りしてたな・・・。

席順はテーブルを挟み、もう一人の男(A君)が窮屈そうに女2人に囲まれ、俺は三咲と二人で並ぶゆったりな席配置だった。

あらかじめA君とは何かしら作戦を立てていたわけではなく、行き当たりばったりのオフだったが、A君の狙いの女が右側の子だと判ると、俺は隣の三咲に照準を絞り始めた。

最初は天然のキャラが強く感じたが、要所要所でお皿とかに取り分けてくれる気配り上手な面もだし、俺はちょっとそこらへんから関心を得だした。

俺「あ、ごめんねー、手前に置かれてるから俺が取り分けてあげるべきなのに」

三咲「あ、いいですよー。おしゃべりがあまり上手じゃないので、こういったところしか役立てないかなって思ってー。へへへっ」

うー、可愛いじゃない。
これがてへぺろなんだなwリアルで初めて見たw
もう体をぎゅーってしてあげたくなった。
結果このあと、ぎゅーっと縛っちゃうんだが。

続きを読む・・・

ネットでの出会い | 【2017-10-16(Mon) 22:10:58】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

28歳の人妻看護師は男の願望がわかる素晴らしい女だった

以前、看護師と3年付き合ったことがある。
人妻で奈緒という、男の願望がわかる、素晴らしい女だ。

彼女とは、様々なプレイを楽しみ、およそ男の願望をほとんど叶えてもらったと言っても過言ではない。
奈緒はどちらかと言うと萌え系で巨乳。若干ぽっちゃりで身長も低い。
ぶっちゃけ、初対面の時はタイプではなかったが、時間が経つにつれ不思議な魅力と可愛らしさに惹かれてしまった。

しかも、俺より12も年下の当時28歳。
コスプレが大好きで、野外露出やソフトSMが好きなドMだった。

付き合い始めの頃は看護学生だったが、最後の1年は看護師としての付き合いだった。
今は、某大学病院に勤務しているが、おそらく旦那以外にセフレを作って楽しんでいることだろう・・。

よく二人でドライブに出掛けた。その時、必ず助手席でオナニーを始めて俺を挑発してくるのがお決まりだった。

奈緒はシートを倒すと浅目に座りなおした。
今日の服装は、赤いギンガムチェックの巻きスカートにニーハイ。
上は胸の大きさが強調される体にフィットした白のサマーセーターだった。
晴天の初夏のドライブ。行き先は積丹半島。

小樽を過ぎ、ここからは一本道で信号も少なく、ほぼ惰性で走ることができる。
奈緒はそれを見計らって、いつもどおりの行動に出た。

続きを読む・・・

人妻・熟女 | 【2017-10-16(Mon) 21:10:55】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*