FC2ブログ
アクセスランキング

人気アダルトブログ☆新着情報

Powered By 画RSS

【※速報※】初心者でも出来るFXを始めた結果・・・笑いが止まらねえええwwwww

書道教室の受講生の奥様のお宅に訪問し寝室で…【エロ体験談】

カルチャースクールで書道の講師を副業でしている者です。
カルチャースクールは時間をもてあました主婦の社交場みたいなもんです。

私はその受講生の中で、ある40代の家庭夫人に目をつけていました。
そして休講日、「良い習字のお手本帳があるので近所まできたのでお届けします」と適当な理由で彼女のお宅を訪問しました。


彼女は掃除とか洗濯とかした終えたすぐ後らしく、まったくの普段着(長めの春のスカートに半袖ニット)で私を迎え、
「お忙しくなかったら、玄関では悪いですから中でお茶でもどうぞ」と奥へ通して頂きました。

ひょっとして彼女はその気なのかなぁ?と一瞬、思いました。
実は先日の講義のとき、私は指導にかこつけて正座している彼女の後ろに覆いかぶさり右手を上から握りながら筆を動かしました。

当然、自分の下腹部のこわばりを彼女の腰にこすりながら、頬もほとんど密着するように近づけました。
でも今日は彼女のご自宅だし、何にもしないでおとなしくしてようと思いました。

そして和室に座り書道の本を開いて簡単に説明をしましたが、心の中はもう劣情と邪心に満ちてました。

続きを読む・・・

人妻・熟女 | 【2017-01-19(Thu) 00:30:23】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

相性ピッタリでチョー快感 3【エロ体験談】

涼子「あぁぁん。なんでそんなところに届くのぉぉ。。」

俺は、無言で舌を回し、右手の人差し指でクリトリスを、左手の人差し指で尻の穴を撫でると、涼子が異常なまでな喘ぎ声をあげた。

涼子「あぁぁぁぁん。あぁぁぁぁん。うぅん」

まるで堰を切ったように喘ぎ声が部屋中に響き渡る。ちょっとあまりに大きいのでご近所さんに聞こえないか不安になったが、鉄筋だし、両隣さんも同じ事してるだろう(両隣ともカップル同棲してるのは既知の事実だった)と思い、更に攻めた。

涼子も負けじと、じゅるじゅると音を立てて俺のアレを貪りついている。
俺は、仰向けになった。

俺「ねぇ、涼子さんのフェラチオ見てていい?」
涼子「伊東君ってやらしい。。」と言いながらも上目遣いで、俺を見ながら巧みにしごきつつ、フェラチオをしてくれる。とてもいやらしい舌使いが時折、唇から覗かせている。



俺「涼子もいやらしいよ?スケベ同士だね♪次は俺の番だね」

と言いつつ、正上位の体制になり、涼子のアソコに俺のアレをあてがった、すると涼子は、おもむろに俺のアレを右手で掴んで、左手で自分のあれを広げた。

涼子「早く入れよ?」

俺は、誘導されるまま涼子のアソコに突っ込んだ。そうっと先から、涼子のあそこの具合を確かめつつ、挿入した。

続きを読む・・・

セフレ | 【2017-01-18(Wed) 23:10:39】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

相性ピッタリでチョー快感 2【エロ体験談】

涼子「お酒は良く飲むんですか?」
俺「毎日家か外で飲んでるよ?敬語はよしましょうよぉ(笑)」
涼子「あ、ごめん。飲むんだぁ。。あたしは、お店とかで飲むけど、あまり量は飲めないなぁ。。」
俺「じゃぁ、今夜は飲ませちゃおうかなぁー。なーんちゃって(笑)」と半分本気で軽い冗談を交わした。

飲み物が来て、乾杯をすると、涼子は結構いい飲みっぷりでビールを三分の一くらい飲み干した。俺も負けじと半分くらい飲んだ。
店自体は近所にある、某綿系の店の系列らしく、創作系の和食がそろっていた。
適当にサラダと魚料理等を頼んで、俺は2杯目を頼んだ。

涼子「こういうお店って、どうやって見つけるの?創作系のお店って何か好き。」
俺「いや、この近所に系列の店があって、そこはよく行くんだよ。結構安いし美味しいから。いいかなぁーって思って今日選んだの。」
涼子「へぇーこういう店ばかりくるんだ。。あたしなんか勤務地が埼玉の奥だからこんなお店なんかないんだよねぇ。」



涼子はちょっと店の雰囲気にご機嫌になっている。まぁ、それほど驚くほどお洒落な店ではないが、高田馬場ではまぁまぁの雰囲気の店だと俺も思う。

俺「まぁ、じゃぁ今日はいろいろご相談会やりましょうか!で、早速なんでしょう?」と言うと、ちょっとしかめ面をした。

続きを読む・・・

セフレ | 【2017-01-18(Wed) 22:10:03】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

相性ピッタリでチョー快感 1【エロ体験談】

俺がちょうど転職したころでした。友人の篠原からひょんな電話を受けました。
篠原「俺の知り合いのさぁ、保育士がいるんだけど、相談乗ってやってくんね?」
俺「何かわからないけど、俺の番号伝えて。それって良い話?」
篠原「わかんね。でも俺だとかみさんが、女から電話かかってくると、結構まずいんだよねぇー」
俺「はいはい。まぁ、そういう処理は任せておいて。」
篠原「ほんじゃーよろしくー。電話番号言っちゃっていいんだろ?」
俺「あぁ良いよ?」
と伝えた。何の相談だか知らんが、来るもの拒まない俺の性分として、そんな話を聞いちゃぁ、黙ってんらんない。

少しの不安と大きな期待を寄せて、電話を待った。すると、友人篠原と電話を切って、ほんの数分で電話がなった。
信番号を見ると、まったく知らない。AUらしき番号だ。
俺は、あぁ、こいつかな?と思いつつ。電話に出た。


俺「もしもーし」

電話の人「もしもし?篠原君に言われて電話したんだけど。伊東君?」

俺「あー、篠原の知り合いの子ね。すみません。まだあいつに名前すら聞いてないで、こういうことになってるんですが、、お名前お伺いしていいですか?」

電話の人「あ、涼子と言います。」

俺「涼子さんですか、はじめまして。何か篠原から相談に乗ってもらってやって欲しいって聞いたんだけど・・・・」

続きを読む・・・

セフレ | 【2017-01-18(Wed) 21:10:08】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

エリの露出体験【エロ体験談】

エリと言います。
いつも読むばかりでしたが、ここで色々知ってから私も挑戦してみましたので報告します。

先週の土曜日のことです。
友達と箱根までドライブの予定だったのですが、飼い犬が病気になったらしくて、友達からキャンセルになったんです。

でも、私1人で行くことにしました。

東名を御殿場で降りて、芦ノ湖スカイラインに入るとすぐに霧に囲まれました。

視界は30m位しかなくて、凄く恐かった。
幸いなのは、他に車が走っていなかったことです。

20分位走っていたら見晴らし台のパーキングがあったのでちょっと休憩しました。

相変わらず周りは霧が流れて、とても幻想的なおとぎの空間です。
私は車の中でしばらく辺りを伺いました。
誰1人居ませんでした。

思わず、誰も居ないことで悪戯モードに入ってしまい、
「ここでオナニーしたらどんな感じかな?」
と、このページの事を思い出してもう一度周りを見渡して、誰も居ないことを確認しました。

続きを読む・・・

いろいろなシチュエーション | 【2017-01-18(Wed) 20:10:35】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

夫とは比べ物にならない太いモノでバックから【人妻不倫体験談】

私の初体験の相手は〇6歳の時、3歳年上の彼でした。
それが今の夫です。
そして結婚して44歳になるまで主人以外の男性を知らなかった私が、まさか今になって不倫をするとは・・・。

人生の中で“絶対ない”と思ってたのに、いざ実際に自分がなってみると、不倫をしても何もいいことはないことはわかりますがやめられません。
何で人様のモノはあんなによく見えてしまうのでしょう・・・。


今までも誘惑はありました。
でも最後の線を踏み越えることができず、精神的な浮気ばかりでした。
そんな気持ちだけの浮気から本気の浮気に変わったきっかけはセックスレスでした。
私達夫婦のセックスレスはすでに6年目を迎えております。

夫とセックスをしていた頃は、夫がたまに体を求めて来ても、おざなりの前戯をして私の上に乗って腰を動かし、自分だけ射精して満足すると高いびきをかいて寝てしまうことがほとんどでした。

最近の女性誌などでもセックスについての記事が多いし、何より主婦同士の会話が結構キワドイのもあって、その人たちの話と比べてしまうと、正直まるで私は射精するための道具でしかないような感じがして惨めで、自分たちの夫婦生活におけるセックスというものがなんとなく無味乾燥であることを感じていました。


そのような私が不倫するようになった相手は、私が派遣社員として働いている会社の6歳年下の元上司です。

続きを読む・・・

人妻の浮気 | 【2017-01-18(Wed) 15:10:20】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

見られる快感は今でも忘れません【エロ体験談】

私は35歳の主婦です。

先月のとある土曜日高校の同窓会があり実家のある○○県に戻り、同窓会に出席しました。

私は結婚して7年旦那、子供に恵まれ何の不満(夜の方も)も無く暮らしています。

同窓会が終わり、仲良しだった女4で独身の子の家で飲みな直す事になり、彼女の家に行きました。

彼女の家に着くと、1人の友達が

「今日は家に子供1人なの、呼んでもいいかしら」てことで、皆が面識のある彼女の14歳の子供も呼んで5人でお酒やらジュース(子供には)を飲んで日常の会話を楽しんでいました。

すると1人の友達が下ネタ話を切り出しついつい下ネタ話に花が咲き、それぞれが夜の報告となり、私は結婚7年目でも週に3回は夜の行為があることを報告すると


皆から「まゆは遅咲きね、高校時代一番奥手だったのに、今では一番活発ネ」て皆から冷やかし半分羨ましがられ、別の友達が

「まゆには卒業旅行の時に借りがあるんだよ」言い出しました。

続きを読む・・・

いろいろなシチュエーション | 【2017-01-18(Wed) 14:10:27】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

嫁を監視カメラで覗いてる俺は変態【エッチな体験談】

セックスが盆と正月くらいの年に数回の家庭も多いと思います。

我が家はもう3年程ありません。

子供がまだ小さい頃は、2日1回のペースで嫁から求めてくる時もあり、お互い満足の行くセックスライフでした。

共働きという事もあり、子供が大きくなると生活のサイクルもあってすれ違いが多くなり、気がつけば月に1度になり、40代になるとほぼなくなり、今では3年程ない状態で、何度誘っても拒否され続け、今では断られるのが怖くて誘えません(泣)

私は妻が大好きでムラムラの毎日です。

風呂上がりにバスタオル巻いて出てきたり、朝の着替えで下着姿を見ると襲いたくなりますが勇気がありません。

その姿を思い出してオナニーしたりと情けない毎日です。

余談ですが、あんなにセックスが好きだった嫁が何故しなくても我慢出来るんだろうと不思議で仕方ありません。

続きを読む・・・

恋人・妻との体験 | 【2017-01-18(Wed) 13:10:18】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

俺はお婿、家族のモノ【エロ体験談】

うちの奥さんはバツイチだが、俺よりも年齢は一回り下。
だけど、タレントが芸としているお馬鹿を素でやっているような感じのアホな女だと思う。

義母は死別だが、亡き義父から引き継いだ土地や複数のアパートの家賃収入で食っているような家だ。
じゃなければ、そんなアホな嫁の所に、わざわざ婿入りなんてしない。

自分たちがアホな事くらいは自覚があるようで、無駄に借金をしたり、人を信用しないのも、この人たちの特徴でもある。
ちなみに、さらに義理の妹もいる。
これが一番まともに話せると思う。

アホな義母の言いつけどおりに、俺は婿入りすると仕事を辞めて、8棟あるアパートの管理をすることになった。

それまでは義母が中心でやってきたことだが、さすがにきつくなってきたからと、それが結婚に際しての条件だった。

俺からすれば、多数の資産とお馬鹿だがエロい嫁さんが手に入ればそれで良かったと思った。

長らく女3人で暮らしていた所に、男が1人で入ると、彼女たちからしても色々と一気に環境が変わる。

続きを読む・・・

いろいろなシチュエーション | 【2017-01-18(Wed) 12:10:28】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

よく行くパチンコ屋で知り合った人妻【不倫体験談】

よく行くパチンコ屋で28歳の人妻と知り合いになった。
パチンコしながら台のことなど少し話しする位の仲でした。

ある日僕は10箱以上だして、隣で人妻が負けてお金も無い感じだったので、1箱貸してあげた。
「返すのはいつでもいいから、入れてみな、出そうな感じだよ」と言うと、
「いいの?ありがとう」と言って喜んでパチンコを打ちだした。

1箱無くなってきたからもう1箱貸してあげたら、なくなりかけたら確変で大当たり。
人妻は大喜びで、結局人妻は僕に2箱返しで18箱、僕は16箱出した。

終わったのが夕方の6時だったので、
人妻がお礼に食事をおごってくれる事になりファミレスに行った。
食事しながらいろいろ話ししてて、

「最近パチンコに来てなかったね」
「実は流産して体調崩していた」
「残念だったね…」
「大丈夫、もう気にしてないから」

それから話しはHな方向に。
僕に、彼女とHしているの?って聞いてきた。

僕は「たまーに」と適当に答えると、人妻が「いいなー」と。
妊娠してからHしてないと。10ヶ月位だとか。

流産してから旦那さんにH誘ってもしてくれないみたいで、流産とH無しでストレスが溜まりパチンコしていたらしい。

続きを読む・・・

人妻・熟女 | 【2017-01-18(Wed) 10:10:24】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*